未分類

あなたは時給いくら???

%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%84

時給と聞くと、アルバイトやパート、中には契約社員や社員の方が1か月の給料が少なすぎて「俺実際時給最低賃金以下じゃん、、、」みたいなイメージを持っていると思いますが
このブログでお話しをする『時給』のお話はそれとはまたちょっと違った時給のお話、、、

続きを読む

副業、兼業は本当に大丈夫?

sh_sub_02

今の時代、ヤフージャパンや、アメブロで有名なサイバーエージェント、マイクロソフト等副業を許可している会社が多い一方

いまだに禁止している会社もありますよね。
では、このような大手の会社が副業をOKするのには理由があるのでしょうか?

個人的な見解も踏まえてお話ししようと思います。

続きを読む

ネットのアクセスを収益に変える話

今日はトラフィック(ネットでのアクセスのこと)について、重要なことを2つあなたに教えたいと思います。

この2つの真実はとてもシンプルなものですが、トラフィックを増やそうと苦労している起業家で、このことを100%理解している人はほとんどいません。

 

1つ目の真実は、これです。
「すべてのトラフィックには価値がある」

 

Googleについて考えてみて下さい。Googleは「検索」エンジンをビジネスにしている会社です。だから、オンラインの検索トラフィックの大多数(約80%)を支配しているのです。

これはつまり、ものすごく大きな潜在的価値が毎日Googleにやってきているということです。では、このトラフィックはGoogleにとって、いくらの価値があるでしょうか?2450億ドルだそうです。これがGoogleにやってくるトラフィックの価値です。

 

そしてGoogleでは、親が子供を守るみたいに、このトラフィックと価値を死守しています。

2つ目の真実は、1つ目に直接関連しています。
「無料で価値を獲得することはできない」

それなのに、人々はいつも私に、ブログや記事を使って無料でトラフィックを獲得するテクニックはないか、とたずねてきます。

すみませんけど、100%「無料」のトラフィックなどというものは存在しないのです。

 

さて、確かに私は、ブログと記事を使ったマーケティングの大ファンです。そして確かに、優れたコンテンツはトラフィックを生み出すことができます。

 

でも、あなたの成功がかかっている、この「コンテンツでトラフィックを生みだす」戦略には、大きな問題が3つあります。

 

1つ目は、高品質のコンテンツを作るには時間がかかるということです。しかも、かなりの長い時間が必要です。

そして、もしコンテンツだけでトラフィックを生み出そうという場合は、そのコンテンツの質は極めて高くなければいけません。私自身、無料コンテンツを創るのには、非常に長い時間をかけています。

 

これはコストがかかることです。
「機会費用」と呼ばれるものです。

 

ブログや記事を書いている、その決して短いとは言えないその時間は、あなたは新商品の開発に取り組むことはまったくできないということです。

その時間は、実施中のマーケティングを最適化することもできないし、結果をチェックしたり、テストしたりする時間も、あなたの顧客に適切にサービスを提供する時間もなくなるということです。

 

「コンテンツでトラフィックを生み出す」戦略の問題の2つ目は、あなたの無料コンテンツで獲得したトラフィックは、文字通り一晩で消えてしまう可能性があるということです。

特に、あなたが時間をかけて高品質のコンテンツを作ることをちょっとでも休めば、トラフィックはあっという間に消えてしまうでしょう。

 

3つ目は、これが一番重要なのですが、無料コンテンツにはスケーラビリティがないということです。つまり、すでに無料のコンテンツなのですから、「無料化」するというスケールの変更はできないということです。

 

ブログや記事を使ったマーケティングから、あなたが獲得し得る「無料」コンテンツによるトラフィックは、どれ1つとして予測可能なものはありません。そのようなトラフィックは、いつ現れるのかもわかりませんし、そもそも現れるのかどうかさえわからないのです。

ですから、このようなトラフィックをあてにして定期的な結果を分析し、ビジネスを構築することはできないのです。

今週はここまでにしておきます。さらに来週は獲得したトラフィックを実際に成功につなげるための秘訣を公開します。

新年のご挨拶

happynewyear-sumi

明けましておめでとうございます!
昨年はクライアント様をはじめ、多くの取引先の方等には大変お世話になりました。今年も変わらず結果にフォーカスして、仕事をしていきたいと思っていますので、何卒よろしくお願い致します。

さて、、、
かなり個人的な話にはなってしまうのですが、、、

続きを読む