毎月のネタに困らない売れるキャンペーンを作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
人脈5

もし、あなたがいつものように普通に商品やサービスを販売したりするのでは無く、、、
毎月、なにかしらのイベントやキャンペーンを行ってもっと売上をあげようと思っているのであれば

 

今日は、そんなあなたにオススメの方法をお話します。
それは、『ニュース』を使うと言うことです。

 

キャンペーンに使えるニュースには、何種類かあるんですが代表的な2種類をお話します。

 

1) 季節のニュース

まずは、季節のニュースです。正月やお盆など、祭日を使ってキャンペーンを行う方法です。
他にも、僕も「バレンタインキャンペーン」や「ハロウィンキャンペーン」をやったことがありますが、こんな季節のイベントを使うこともできますよね。
そう考えて一年のこよみを見てみると、たくさんの祭日・イベントがあるので、これだけで毎月1つキャンペーンを作ることもできるはず、、、

さらに、、、
ネットで調べてみると、1年365日、毎日何かしらの「◯◯の日」という記念日があります。例えば今日5月6日は「国際ノーダイエットデー」「ゴムの日」「コロッケの日」だそうです。
こんな「誰も興味無いんじゃない?」と思えるような記念日でももちろん使えます。
(もちろん、あなたのビジネスや商品に関連するものの方が良いにこしたことは無いのですが、、、)

要するに、キャンペーンをやる理由になればいいので、その理由につなげられればOKです。

 

2) タイムリーなニュース

今、話題になっているニュースを使う方法です。
今話題になっているニュースをどう捉えて、あなたのビジネスに使うか?その「気づきの感度の高さ」がビジネスの成功につながります。

例えばですが、今年2017年の1月から4月までで見ても、こんなニュースが世間を騒がせました。

1月:トランプ氏がアメリカ大統領に就任
2月:森友学園騒動
3月:旅行会社てるみくらぶの破綻
4月:じゃがいも危機

などなど、、、これはその一部にしか過ぎませんが、もちろん、中にはビジネスのキャンペーンに使えないものもあるでしょう。
これらのニュースをいかにあなたのビジネスのキャンペーンで使えないか?を考えることで、売上を大きく増やすチャンスを得ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*