1%の重み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1%

あなたは自分のFacebookの投稿や、ホームページのクリック率
ランディングページのコンバージョン率などなど
WEB上の数字をちゃんと把握出来ていますか?

実は、1%と言う数字は小さい数字に見えますが、実はすごい大きな数字だったりするわけですよ。

例えば、
あなたの今持っているホームページに対して
アクセスが月間で5,000PVあったとして、そのウチの1%が商品やサービスを購入してくれたとしたら?

50人になるわけですよ。じゃあ、その50人に商品が1つ売れて
アップセルやクロスセルの提案、バックエンドの提案が出来たとしたら?

またその1%が購入したとして、、、
(実際はたぶん4%ぐらいは購入してくれると思うんですけど)

とか、考えたら1%ってすごく重いと思いませんか?

普通の新規顧客獲得のための広告の成約率って実は1%未満。
しかも、ちゃんと計測が出来ないのがほとんど、、、

計測が出来ないってことは、赤字なのか、黒字なのか
ましてや、顧客獲得コストも全く不明なわけで、顧客が何に反応を示したかもわからないわけですよ。

 

じゃあどうしたらこの1%を作ることが出来るかといったら、僕はセールスコピーしか無いと思っているわけ。
だって、実際に新規の顧客獲得の広告で成約率4%とか出して

メルマガ使って売上を立ててた時があるんだから。

 

あなたが今、出稿してる広告の成約率は何%かわかりますか?

 

そして、1%出ていますか?

この1%を甘く見ているひとはこの1と言う数字に泣かされるはず、、、

今、もし、あなたが広告を出しているのに、成果が全く上がらない等思っているなら
一度、広告の見直しをしてみることをオススメします。

もしかすると、マーケティング自体は素晴らしく画期的なモノだとしても
顧客と合っていないかもしれません、、、

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*