赤字=黒字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
赤字

あなたの事業は今、順調ですか?
それとも、赤字ばかりで損をしていて、切羽が詰まっていますか?

もし、今順調なら、この記事は無視してください、、、
ですが、もし、正直
「やばいかも、、、」と思っているのなら、少し時間をください。

 

赤字

と、聞くとたいていの人はマイナスなイメージを持つはず、、、
しかし、赤字にも種類があり、実はその赤字が大きな黒字。利益をもたらすこともあるんです。

 

事業をしていると、利益ばかりに目が行って
経費削減、売上を上げなきゃなどと思ってしまいがちですよね。

単純な話なんですが
顧客獲得コストをペイしてなおかつ利益を出せばいいわけです。

 

言うのは簡単ですが、実現する為にはどうすればイチバン最適だと思いますか?
まず、ここで重要になってくるのが『顧客を囲い込む』と言うこと。

要するに顧客をあなたから離れないようにし
顧客1人があなたの会社の商品をはじめて買ってから離脱するまで生み出す単価(顧客生涯価値)を上げればいいわけです。

この顧客生涯価値のことを「LTV」(ライフタイムバリュー)といいます。

 

例えばですが

新規顧客の獲得単価が4000円だとします。
この獲得単価の中には、広告費や、アフィリエイターに払う費用、インターネットの使用量などなどが含まれています。

この時点では、-4000円。赤字ですよね。

ですが、ライフタイムバリューが20万円だとすると
一気に19万6000円が利益と考えることが出来るわけです。

 

1人の顧客が1つの商品を買って終わりであれば、ライフタイムバリューが低くなって
赤字経営となってしまいますが

1人の顧客が、いくつも商品を買ってくれればライフタイムバリューが高くなるわけです。
ただ、そのいくつか商品を買ってもらう為には、あれやこれやと施策が必要になってきます。

メルマガだったり、DMだったり、、、
はたまた直接の対面営業だったり、、、

ですが、しっかりと顧客を囲い込むことができていれば、メルマガ1通送るだけで商品が売れたりすることもあるんです。

 

これが、赤字だけど黒字になる理由。

 

よくあるのが、メルマガを登録してもらう為に大量のアフィリエイターに1件の報酬1000円を渡して
大量に登録してもらう。
そして、登録してもらったお客に対してセールスを行い、バックエンドの商品を売る。

メールアドレス、どのようなモノに興味を持っているかという顧客情報を持っているから
メルマガを通じてクロスセル(関連商品)やアップセル(上位互換商品)等の販売が出来る。

 

だから、最初は赤字だけど結果として見ると莫大な利益を上げている。

 

今これを見ていて、「やばいな」と思っているあなたは
少し、ビジネスの全体像をもう一度見てみてもいいかもしれません、、、

もしかすると、ビジネス全体を見直さなければならないかもしれませんし
ちょこっと工夫するだけで黒字になるかもしれません。

 

大事なことなので前にも言ったような気もしますがもう一度いいます。

 

商品を売るために集客をする
のではなくて

集客をするために商品を売る

と言う、考え方にシフトしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*