SNSで集客をしてはいけません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ソーシャルメディア

もし、あなたがSNSで集客している、もしくはしようとしているのなら
この記事はあなたにとってとても大事な記事になるでしょう、、、

SNSというのは、非常に便利なモノですよね。
ビジネスで利用しようとすれば、見込み客ともすぐ繋がることが出来るし
情報だってたくさん入ってくるわけです。

それを利用してか、どうかは分かりませんが
よく、自撮りをSNSにアップする、SNSで情報発信する等をして
集客しようとしている人がいます、、、

 

ですが、それは率直に言って、間違いです。

そもそも、あなたが集客をするのは、商品を売りたいからですよね?
それがそもそもの間違いなのですが、、、
商品を売りたいから集客をする。のでは無く
『集客をしたいから商品を売る』と言うことです。

意味が分からない方もいると思いますので、少し詳しく説明をしますが
商品を売りたいが為に集客をすると、全く買う見込みの無い人、つまりターゲットでは無い人までも巻き込んでしまいます。
それはそれで、絶対数が増えると言うことに繋がるので、悪いわけでは無いのですが、、、

そういう考え方をするよりも
集客をする為に商品を売ると言う考え方にシフト出来ると、、、、、

 

商品を買ってくれたお客と言うのは、既にあなたの商品を気に入ってくれてる可能性が高いわけです。
その顧客が、始めてあなたの見込み客になるわけですよ。

だから、その『見込み客』に対して商品を売ることが出来ると購買率と言うのは高くなりますよね?

もし、あなたが「商品を売りたいから集客をする」と言う考え方ならば、あなたがアプローチしている人と言うのは
お客では、無いんです。

 

だって、買ってくれてもいない人をお客と言うのはどうなのでしょう?

見込み客では無く、「買う見込みがある人」をあなたはたくさん集めようとしているわけです。

 

じゃあ、話を戻しましょう、、、

 

SNSで集客をするのは間違いだってことの理由。
それは、SNSはあくまで囲い込みに使用するモノだから。

『集客の為に商品を売る』わけですから、商品先行になるわけ。
商品って言うのは、売れればいいんだから、売る為にはしっかりとプロモーションをしなければならない。

SNSで自撮りして、プライベートをさらけだして、それがプロモーションとは言わないですよね。

 

SNSは既に商品を買ってくれた人を囲い込む為に使用するモノ。
もちろん、Facebook広告だったり、Twitterプロモーションは話は別になりますが。

まずは、しっかりと考え方をシフトして
『集客をする為に商品を売る』と言う考え方にして、商品のプロモーションをしていきましょう。
あなたが売りたいのは、自分自身ですか?商品ですか?

売りたいモノをしっかりと認知させなければ売れるわけがありません。

 

これを理解出来ると
チラシ等でも、調理人とソムリエの写真しか乗っていないディナーショーのチラシなんか作らずに
美味しそうなディナーショーの料理とワインをドン!と載せて、ソムリエが選びました。等とやったほうが新規顧客は捕まえれるわけです。

既に、ソムリエとか、調理人が絶対的な認知度があって、顧客となっている人にアプローチをするのであれば
最初のアプローチ方法でも問題は無いんですが、、、

 

 

SNSはあくまで囲い込みをするモノである。
集客→教育→販売と言う販売プロセスをすっとばすなってことですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*